Eusing Free Registry Cleaner3.1 文字化け解消+αパッチ 2013-03-13 (Wed) 21:55

Eusing Free Registry Cleaner。

最近ほとんど使ってないけど、いつの間にかだいぶバージョンアップしとった。
取り敢えずスキャンしてみたら、前使ってたバージョンにはなかった「空のレジストリーキー」ってのが1000個くらい検出された。

ざっくり消していいのかよく分からんので絶賛放置中。(´・ω・`)y-~~~

一応パッチだけ作っておいた。

Regcleaner31_fix.zip

デバッグコンソール for IE 2013-02-26 (Tue) 22:06

WScriptオブジェクトのInteractiveをfalseにしてデバッグコンソールを使用したかったのだが、X-FinderのWScript互換オブジェクトではそれが出来ないようなので、X-Finderの独自オブジェクトを使用せずに、デバッグコンソールをIEに表示できるように変更してみる。

となるとWScript.Includeも使えなくなってしまうので、DebugConsole4IE.jsの内容をコピペするなり、例えばこんな感じ
	function getSource(path){
var fs = new ActiveXObject('Scripting.FileSystemObject');
try{
var f = fs.OpenTextFile(path);
}
catch(e){
return '';
}
var src = f.ReadAll();
f.Close();
return src;
}
eval(getSource('DebugConsole4IE.jsのパス'));

で展開するなりして代替する必要がある。

IEでDebugConsole.htmlを開いておけば(スクリプトの実行は許可しておく必要あり)そっちにログが表示される。
X-Finderの独自オブジェクトを使用してないので、エクスプローラ等のファイラからでも使用可能。

DebugConsole4IE.zip

notepad++ 6.3用日本語ローカライズファイル 2013-02-08 (Fri) 22:10

notepad++ 6.3が出てたので見た目で変わってたユーザ言語定義のコメント・数値設定部分を修正。

6.2.3とは設定の仕方も変わってるし。(´・ω・`)y-~~~

イマイチよく分からんが…
例えば、0xで始まる16進数を数値として扱うには、プレフィックス2に「0x」、特殊文字1に「a b c d e f A B C D E F」と指定しとけば良さそうだ。

notepad++ 6.3用日本語ローカライズファイル

notepad++の日本語化 2012-12-18 (Tue) 23:49

普段常用しているエディタは秀丸エディタなのだが、強調表示を多用すると表示が激しく重くなってしまうのでソースコードを扱う際にはnotepad++の方が便利だ。

かなりの数の単語を登録しても強調表示で重くなることはないし、機能も豊富なので重宝する。
もともとは海外製のソフトで、設定で日本語表示も選択できるのだが、随所に未訳部分がある。

デフォルトでは英語表示なので英語版のローカライズファイルをベースに日本語化すればよいのかと思いきやそうでもない。
ローカライズ可能なリソースが全て網羅されているわけではないようだ。

実際に使ってみて日本語になっていない項目を発見したら、それに対応するIDをソースコードから拾い出し、ローカライズファイルに追加すればよい。

…とか言うが結構面倒くせぇ。(´・ω・`)y-~~~
せめて英語版でローカライズ可能なリソースを全て網羅してくれると助かるのだが…。

また、ローカライズファイルで対応していない部分については、プラグインはdllなので仕方ないとして、マクロ、コンテキストメニューは別のxmlに定義されているのでそっちを修正すれば日本語化も可能。

notepad++ 6.2.3用日本語ローカライズファイル

秀丸エディタのマクロでJScriptを整形する 2012-09-30 (Sun) 22:14

ちょっと回り道になってしまったが、結局やりたかったのはこれ。
常用している秀丸エディタのマクロを使って JScriptを整形するスクリプトを呼び出す。

具体的には クリップボードのJScriptを整形するスクリプト で貼っておいたスクリプトを
適当なフォルダに名前を付けて(ここでは JSBeautifierClipboard.js)保存しておき、
こんな感じで秀丸マクロを作成してそれを実行する。
disabledraw;
selectall;
copy;
runsync2 "wscript.exe JSBeautifierClipboard.jsのパス";
selectall;
paste;
enabledraw;

このやり方は呼び出すスクリプトを変えていろいろ使い回しが効きそうだ。
実は JS Minifier も内部的にはJScriptで処理が行われているのでその部分を取り出して、同様の方法で
JScriptを圧縮するマクロも簡単に実現できる。

ただし秀丸エディタで語句の強調を使用している場合、一行の文字数が多くなると表示の処理がものすごく重くなる場合があるので要注意。
注意事項
基本的にこのブログはブログ主の備忘録です。

ブログの内容にはブログ主の主観や時には正確でない情報が含まれていることもあります。書いてある内容がすべての環境にあてはまることを保証するものでもありません。
また過去の記事の情報はそれが参照された時点では既に陳腐化していることもあります。

その辺をご理解の上で当ブログ内に書いてあることを試す場合は自己責任でお願いします。

万一何らかの損害が生じても責任は持てませんのであしからず!

記事内容の誤りの指摘、疑問点の回答などコメント頂けると助かります。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
カラーコードチェッカ
カラーコードの確認
入力例) #ffffff | blue
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: