ノートパソコン復旧作業メモ 2011-05-11 (Wed) 21:20

先日ノートパソコンが立ち上がらなくなったのでちょっと見てくれと頼まれた。
NECの古いノートパソコンでもう5年以上前のLavieという機種だ。

電源を入れてみるとHDDが異音を立てている。これはHDDが逝かれちゃってるんでしょう。
なかなか繋がらないサポートにTELして状況を説明すると、なにぶん古い機種なので直るかどうか分からない上に、最低でも5万以上は掛かるとのこと。もちろん中のデータも保証されないという。

まぁHDDが壊れただけならそれを取り替えてリカバリCD突っ込めば初期状態には戻せるでしょ。
とタカをくくって復旧を引き受けることに…

ところが、よくよく聞いてみると、リカバリCDは作ってない。さらには中に必要なデータも入ってるので取りだして欲しいそうだ。

やれやれ('A`)
パソコンは初期状態に戻して使えるようにはなるかも知れないけど、データが復旧できるかどうかは運任せです!!


取りあえず、件のLavieに入ってるHDDを取り出してみると、IDEの2.5インチ60GBのものだった。こいつを外付けのケースに突っ込んで別のパソコンに繋いだら意外と大半のデータはレスキューできたりして…うまくいけばリカバリ領域も生きていてリカバリCDを作れるかも知れない。なーんて甘いことを考えながら(もしだめでもリカバリCD自体はNECで大体¥5000くらいで購入できるそうだ)、近所のパソコン屋で外付けの2.5インチUSB接続対応ケース(IDEとSATA両対応で¥1500くらい)&IDEの2.5インチ80GBのHDD(¥5000くらい。SATAと比べると異様に高い…)を買ってきた。

◎データのレスキュー
まずはLavieから引っこ抜いたHDDを外付けケースにセット。別のPCに接続してみたが苦しげに異音を立てながら回転を続けている。暫くそのままにしていると3つあるパーティション(ドライブ)の内の一つがマイコンピュータに現れた。おっ!これはいけるかも。と思ったのも束の間。カコンと音がしてHDDの回転が止まり、認識されていたドライブがマイコンピュータから消える…

何度も挑戦してみるがドライブがいくつか出たり消えたりを繰り返すばかりだ。これでは埒が開かん。外付けケースを触ってみると結構熱くなっているので冷やしてやればいいかと思い立ち、具体的な方法を探るためググってみたところ同様のケースをレポートしたページを発見。保冷剤を使って冷却したところHDDにアクセスできるようになったそうだ。保冷剤か…なるほど。早速冷凍庫から保冷剤を2つ取り出し、ビニールに入れてさらにタオルに巻いて水漏れに留意しながらケースを2つの保冷剤でサンドイッチにした。しばらくおいておくとケースが結構冷たくなってきた。

よし、再度挑戦。暫くガコガコ言っていたがさっきよりは回転音が安定してきたような気が…
マイコンピュータを見てみると、ドライブがさっきよりもスムーズに表示されるようになっている。恐る恐るドライブの一つを開いてみるとガガガっと音がしてドライブがマイコンピュータから消えてしまう。やっぱだめなのか?暫く休ませてから今度はケースを縦に置いてやってみた。するとなんと異音はほとんどせず、すぐにドライブが3つともマイコンピュータに現れた。しめたっ!今の内にデータをレスキュー。大事なデータはデスクトップとマイドキュメントの中に入っているらしいのでユーザフォルダを真っ先にコピー。しかし、コピー中にエラーが発生。やはりHDDにダメージがあるのだろう。だが、幸いなことにエラーになったのはIEのキャッシュかなんかの部分だけだったのでその部分を除いてコピーに成功。あと「NEC-RESTORE」という名前のドライブが見えているがググってみるとこれがリカバリCDを作成するのに必要な領域らしい。これは特にエラーも出ず全てコピー完了。その他のデータも念のためにコピーしていると再び異音がし出して動作が不安定に…もうそろそろやばそうだ。レスキュー作業はこの辺にしておこう。

◎リカバリCDの作成
「NEC-RESTORE」の中にはいろいろファイルが入っているが、BACKUPフォルダだけあればリカバリCDを作成できるらしい。フォルダの中を覗いてみるとGhostのバックアップファイルらしいものが入っている。ちなみにGhostと言うのはNorton製の有名なbackup作成ソフトで、HDDのイメージをそのままの状態でバックアップできるというものだ。

ググって調べたところ、BACKUP\BOOTCDフォルダの中身全てと、BACKUP\WXP_BASE.GHOがルートに配置されるようにし、BACKUP\BOOTFD.IMGをブートイメージとしてCD/DVDを作成すればリカバリCDの1枚目(Boot可能メディア)が完成するらしい。焼きソフトはなんでも良いのだろうが手元にImageburnがあったのでこれでやってみた。メディアは容量的に入りそうなのでCD-Rを使用した。

Imageburnはあまり使ったことがないのでほぼデフォルトの適当な設定で焼いて、Lavieに突っ込みBootできるか試してみたがメディアを認識せず。( ゚д゚)、ペッ
設定を見直すと「隠しファイルを含める」と「システムファイルを含める」にチェックが入っていなかったのでこれにチェックをいれ再び焼く→認識せず( ゚д゚)、ペッ

試行錯誤するには時間が掛かる上に失敗したら無駄にコースターが出来上がるだけだ。USBからBootできればこんな苦労はしなくても済むのだが、なにぶん古い機種なのでそれには対応していない。
失敗したらメディアが無駄になるので、古いCD-RWを引っ張り出してきてこいつで試してみることに。時間は掛かるが失敗してもメディアを無駄にしなくて済む。

失敗覚悟でこんな設定でやってみたらすんなりLavieでのBootに成功。\(^o^)/
CD-RWに変更した途端に成功するとはなんと皮肉な…

	[オプション]
データタイプ MODE1/2048
ファイルシステム ISO9660
サブディレクトリを含める チェック
隠しファイルを含める チェック
システムファイルを含める チェック
[拡張]-[ブータブルディスク]
ブータブルイメージを作成する チェック
エミュレートタイプ フロッピーディスク(1.44MB)
ブートイメージ BOOTFD.IMG

復元のメニューが表示されたので、Cドライブだけを復元する設定で処理を開始させ、この間に残りのGhostの分割されたイメージをメディアに入るだけ詰め込んで全て普通に焼く。件のLavieではWXP_B001.GHS~WXP_B008.GHSまであったがDVD-R一枚にぎりぎり収まる容量だった。仮に一枚に収まらなくても適当に分割して複数枚に焼けばたぶんよいのだろう。

丁度DVDが焼き上がったころ、復元処理中のGhostのメディア交換要求が出たので焼き上がったばかりのメディアをLavieにセットしてやると無事に復元処理が再開された。結構時間がかかったが無事に復旧が成功した。なんやかやとGW中の丸一日が潰れてしまいましたとさ。(´・ω・`)y-~~~

◎ちょっとしたメモ
この作業中に東芝の地デジ対応テレビREGZAで録画用に使用していた古い3.5インチ外付けHDDをデータのやり取りに使用するためにPCに繋いで、ディスクの管理で見たところ認識はされているが「GPT 保護パーティション」とかいう見慣れない属性になっていて右クリックでフォーマットやパーティションの設定などの操作が行えなくなっていた。これを削除してフォーマットし直さないとWindowsで扱えないので、そのやり方をググって調べてみた。

やり方はいくつか紹介されていたが、手っ取り早そうなのはコマンドプロンプトから「diskpart」というコマンドを使う方法だ。そのやり方は以下の通り。
1.コマンドプロンプトを起動。

2.diskpartと入力。
  DISKPARTのモードに移行しプロンプトが DISKPART>となる。
  以下このプロンプトに対してコマンドを入力する。

3.list diskと入力。
  PCが認識しているHDDの一覧がこんな感じで表示される。
  
Disk ###  Status           Size     Free     Dyn  Gpt
-------- --------------- ------- ------- --- ---
Disk 0 オンライン xxx GB xxx GB
Disk 1 オンライン xxx GB xxx GB

4.GPT保護パーティションを削除するDiskを一覧の容量などから判断し選択する。
  間違うとエライことになるので慎重に!
  今回の作業の場合は「Disk 1」が対象だったので、select disk 1と入力。
  これで処理対象が「Disk 1」に決定される。

5.cleanと入力。
  この段階でGPT保護パーティションが削除される。

6.exitと入力。
  DISKPARTモードを終了させる。

7.コマンドプロンプトを終了させる。

この作業によりディスクの管理で対象HDDを右クリックしてフォーマットやパーティションの作成が行えるようになった。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

注意事項
基本的にこのブログはブログ主の備忘録です。

ブログの内容にはブログ主の主観や時には正確でない情報が含まれていることもあります。書いてある内容がすべての環境にあてはまることを保証するものでもありません。

また、過去の記事は現時点で既に陳腐化していることもあります。

その辺をご理解の上で当ブログ内に書いてあることを試す場合は自己責任でお願いします。

記事内容の誤りの指摘、疑問点の回答などコメント頂けると助かります。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カラーコードチェッカ
カラーコードの確認
入力例) #ffffff | blue
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: