Firefoxクローン 「PaleMoon」 2011-03-21 (Mon) 00:07

普段常用しているブラウザ Firefoxの新バージョン 4.0がそろそろリーリースされるようだ。
Firefoxをバージョンアップする際に毎回気になるのが使用しているアドオンの対応状況で、特にメジャーバージョンアップともなると対応していないアドオンが軒並み使えなくなるなんてこともよくある。

そんな訳でFirefox4.0の使用感やアドオンの対応状況についていろいろと調べてるうちにたまたま見つけたのがこの記事。
Windowsのみに最適化することで高速化しているFirefoxクローン「Pale Moon」

以下抜粋して引用

基本的な機能やデザインなどがほとんどFirefoxと同じで非常に高い互換性を持ちつつも、Windowsに最適化することで高速起動が可能となっているので、既にFirefoxを使用しているユーザーには特にお勧めできるソフトウェアです。日本語化が可能で、Windows 2000以降のOSに対応しています。

ナニナニ Firefox互換でWindowsに最適化し高速化!
なかなか興味を引かれる内容だ…早速「Pale Moon」で検索検索っ。
おおっ!なんと高速化した上にメモリの消費も少ないそうではないか。
メモリはたくさん積んでるので多少食ってもまぁよしとする(もちろん少ないに越したことはない)が起動の遅さには閉口していたので、これは Firefox4.0そっちのけで試してみるしかないでしょ。

Pale MoonのHPを見てみるとインストーラ版の他に zip版、ポータブル版がある。
インストーラ版はレジストリをいじり倒されても嫌だし、ポータブル版は実行モジュールが2個になってうざいし使えないアドオンがあるかもしれないので zip版を導入。
現在 firefoxで使用している profilesフォルダをそのまま PlaeMoonを解凍したフォルダにコピーして使ってみようとしたが、はて?profiles.iniはどこに置けばいいのやら。

firefoxでは、下記のパスにある設定ファイルに使用する profilesフォルダの場所を指定できるのだが…
%userprofile%\Application Data\Mozilla\Firefox\profiles.ini

仕方がないので取りあえず起動してみると、
%userprofile%\Application Data\Moonchild Productions\Pale Moon\
に profilesフォルダが新規に作成されているのを発見。
その profilesフォルダはばっさり削除し、そこに使用する profilesフォルダの場所を指定した profile.iniを置いて再起動。
結果はバッチリ。ただし標準で日本語化はされていないので、上記の記事を参照しての日本語化が必要。

使って見た感じとしては、劇的にとは言わないまでもそこそこの高速化&低メモリ消費といったところ。
互換性に関しては firefoxで試用していた profilesがそのまま特に問題なく使えているので完璧と言っていいだろう。
因みに標準で試用するブラウザに指定しなければ特にレジストリに何か書き込んだりはしてないようだ。
まぁしばらく試用してみることにするか(´・ω・`)y-~~~
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

注意事項
基本的にこのブログはブログ主の備忘録です。

ブログの内容にはブログ主の主観や時には正確でない情報が含まれていることもあります。書いてある内容がすべての環境にあてはまることを保証するものでもありません。

また、過去の記事は現時点で既に陳腐化していることもあります。

その辺をご理解の上で当ブログ内に書いてあることを試す場合は自己責任でお願いします。

記事内容の誤りの指摘、疑問点の回答などコメント頂けると助かります。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カラーコードチェッカ
カラーコードの確認
入力例) #ffffff | blue
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: