1つのメニュー項目に複数の機能を割り当てる 2018-04-15 (Sun) 23:30

コンテキストやバックグラウンドから手軽に実行できるのが便利で、ちょっとした機能でもバンバンメニューに追加してしまう。
メニューの項目があまり増えすぎると、目的の機能を選ぶのに手間取りがちになるので SHIFT、CTRL、ALTなどの
拡張キーを押しながら実行することにより1つの項目に同系統の機能を複数割り当てるようにしてみよう。

「フォルダ選択して新しいタブで開く」 例
下記スクリプトをバックグラウンドに登録しておいて、
//[shfit]で "コンピューター"基点
var fiPath = te.Ctrl(CTRL_FV).FolderItem.Path;
var path = ChooseFolder(api.GetKeyState(VK_SHIFT) < 0 || !fso.FolderExists(fiPath)?  '' : fiPath); 
path && Navigate(path, SBSP_NEWBROWSER);
普通に実行すると開いているタブのパス、SHIFTキーを押しながらだと「コンピュータ」を基点としてのフォルダ選択になる。
こんな感じで拡張キーの組合わせによって何通りも振分けられるけど、結局、どのキーを押しながらだとどの機能が発動するんだっけ?
ってなったり、複数の機能を割り当ててること自体を忘れちゃったりしてしまうので、以前に書いたやり方
メニュー項目にフォーカスが当たったときステータスバーEXに説明を表示できるようにしておこう。
@TE64 18.4.13 Win 6.1.7601 WS 300 Admin IE 11 ja_jp
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

注意事項
基本的にこのブログはブログ主の備忘録です。

ブログの内容にはブログ主の主観や時には正確でない情報が含まれていることもあります。書いてある内容がすべての環境にあてはまることを保証するものでもありません。

また、過去の記事は現時点で既に陳腐化していることもあります。

その辺をご理解の上で当ブログ内に書いてあることを試す場合は自己責任でお願いします。

記事内容の誤りの指摘、疑問点の回答などコメント頂けると助かります。
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
カラーコードチェッカ
カラーコードの確認
入力例) #ffffff | blue
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
メールフォーム設置当初より受信できない状態になっていました。2017/11/03以前にメール送信された方、誠に申し訳ありませんでした。
必要であれば再送お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: