Tablacus Explorerのコンテキストメニューについて 2017-05-18 (Thu) 00:26

Tablacus Explorer(以降TE)のコンテキストメニューについてメモ。

X-Finder(以降XF)のコンテキストメニューはアイテムとバックグラウンドの区別がなく、

右クリックにランチャを仕込む派としては勢いメニューがかさばりがちなのだが、

TEではこれが区別されているのでスッキリ整理できそう。

おまけに「メニュー項目フィルタ」アドオンが提供されていてこれを併用すればさらに効果的だと思われる。

kiji230-01.jpg

例えば上の画像のように指定すると、タブで D:\Work フォルダを開いているときバックグラウンドのメニューを表示させると

メニュー項目「新規作成」を消すことができる。

ザックリまとめるとこんな感じ

[パス]で指定した条件に合致するパスを開いているタブで
[カテゴリ]で指定したメニューを表示したとき、
[フィルタ]で指定した条件に合致するメニューの項目を消すことができる


また、パスとフィルタにはワイルドカードが使用可能な文字列か正規表現が使用出来るようだ。

先例でパスの指定を /Work/ と変えると、D:\Work2 でも D:\Tools\Work でもとにかくパスの文字列中に 「Work」が

が含まれていればバックグラウンドのメニューに「新規作成」が出てこなくなるという具合。

あと、TEでは Everyting の検索結果をタブで表示できるアドオンも提供されていて、

パスを/^es:/ とかしてやると、その検索結果を開いているタブでもフィルタリングできてしまう。すげー
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

注意事項
基本的にこのブログはブログ主の備忘録です。

ブログの内容にはブログ主の主観や時には正確でない情報が含まれていることもあります。書いてある内容がすべての環境にあてはまることを保証するものでもありません。
また過去の記事の情報はそれが参照された時点では既に陳腐化していることもあります。

その辺をご理解の上で当ブログ内に書いてあることを試す場合は自己責任でお願いします。

万一何らかの損害が生じても責任は持てませんのであしからず!

記事内容の誤りの指摘、疑問点の回答などコメント頂けると助かります。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
カラーコードチェッカ
カラーコードの確認
入力例) #ffffff | blue
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: