Windows起動後しばらく放っておくと勝手に終了する問題 2011-03-06 (Sun) 00:26

ある日のこと、PCの電源を投入してしばらく席を外して戻ってみると、何故かWindowsが起動していない。
確かにBios画面が出たのを確認したつもりだったが気のせいだったのか?…改めて電源を投入。
無事にWindowsが起動し、その後はこれといった問題も起こらなかった。

別の日。いつものごとく PCの電源を投入、しばらく席を外して戻ってみると、Windowsが起動しデスクトップが表示されている。
ここまでは当たり前。
席に着き、徐に作業を始めようとした時、驚愕の出来事が起こった。
マウスに手を触れようとした矢先、当然何の操作もしていないのに、いきなり PCが休止状態への移行を始めたのだ。
あまりのことにあっけにとられている間に PCの電源はブチンと切れた。

しばらく呆気にとられ、ふと我に返り思った。

「やべっ!こいつはウィルスだ!」。・゚・(ノД`)・゚・。

なんてこった。
ファイアウォールもアンチウィルスも導入しているし、とりたててウィルスに感染するような覚えはない。
念のため LANケーブルを引っこ抜き再び電源投入→無事Windows起動。
取りあえずタスクマネジャーを立ち上げ、怪しげなプロセスが常駐していないか調べてみる。
必要のないサービスは極力そぎ落としているので、タスクマネジャーに表示されるプロセスの数は高々20個くらいしかない。
どれも普段から使用しているプロセスで、特に怪しいものはない。

一応全ドライブのウィルスチェックも行ったが結局なにも検出せずに終了。
ん~~。よう解らん。何が原因なんだ。ハード的な問題か?電源?メモリ?
起動したばっかりで、負荷が掛かった訳でもないのになんでだ~。( ゚д゚)ポカーン

…とか思いながらググル先生にいろいろ聞いてたらこんなのが出てきた。

Windows XP ベースのコンピュータで休止状態から再開した後、無通信タイマが 5 分に設定される (文書番号: 318355)
以下抜粋して引用

現象
Microsoft Windows XP ベースのコンピュータが休止状態から再開 (ウェイクアップ) した後、コントロール パネルの [電源オプション] の設定とは関係なく、非アクティブな状態が 5 分間続くと再度休止状態になることがあります。


つまりこれはWindowsXPの仕様だと言うことらしい。
以前、電源を入れたはずなのにWindowsが起動してないと思ってたのは、実は休止からの再開後5分間操作しなかったので休止状態に戻っていただけでしたとさ。
今回は休止からの再開後ちょうど5分経過したところをたまたま目撃しただけということらしい。

ちゃんちゃん。(´・ω・`)y-~~~

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

注意事項
基本的にこのブログはブログ主の備忘録です。

ブログの内容にはブログ主の主観や時には正確でない情報が含まれていることもあります。書いてある内容がすべての環境にあてはまることを保証するものでもありません。
また過去の記事の情報はそれが参照された時点では既に陳腐化していることもあります。

その辺をご理解の上で当ブログ内に書いてあることを試す場合は自己責任でお願いします。

万一何らかの損害が生じても責任は持てませんのであしからず!

記事内容の誤りの指摘、疑問点の回答などコメント頂けると助かります。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
カラーコードチェッカ
カラーコードの確認
入力例) #ffffff | blue
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: