Skylakeに移行 2016-04-15 (Fri) 22:55

この投稿の直後、タイミングが良いのか悪いのかパソコンの調子が急に悪くなる。

起動直後、画面に横縞ノイズが走り出し、そのうちPOSTにも失敗するように…

しばらく騙し騙し使っていたのだが、突然データが飛んだりしたら洒落にならないので仕方なく、

パーツを出来るだけ流用して安上がりに、以前から興味のあった Skylakeで組み直すことにした。

症状から見て、電源、マザー、メモリあたりが原因かと思われたが、電源は後回しにして CPU、マザー、メモリを一式購入。

  Pentium G4500
  ASRock H110M-HDV
  crucial CT2K4G4DFS8213 (DDR4 PC4-17000 4GB*2)

CPUは正直 Celeron G3900 で良かった気もするが、グラボを買うつもりもないので GPUの性能がちょい高の G4500を選択。

OSは緊急のセキュリティアップデート延長が決定した Windows7を選択。

インストールに関して下調べしたところ、Windows7は標準でxHCIドライバを持っていないので、

Skylake搭載マシンにインストールする際には注意が必要なようだ。

インストールの途中でUSB機器を見失い、USB接続のキーボードやマウスが使えなくなってしまうらしいのだ。

回避策としては、PS/2のキーボードを使う、xHCIドライバ組込み済みのインストールメディアを作る、BIOSの機能を使う

(ASRock H110M-HDVはその機能を持ってるようだ。https://www.youtube.com/watch?v=6ryEnPfhGMw を参照)

などあるのだが、PS/2キーボードを繋げるのが手っ取り早くて確実な気がしたのでそれでGO。

最初メモリの差し込みが甘くてBIOSすら起動しなくて焦ったが、その他は取り立てて問題もなくインストール完了。


◎参考)Windowsエクスペリエンス インデックス

kiji209-01.jpg



結局電源はおかしくなかったようなのだが、プラグインタイプの奴だったのでケーブル整理のために突っ込んだり引っこ抜いたりしてたら飛んでしまって、急遽ショップへ替わりを買いに、泣きながら走ったのは内緒の話だ。(´・ω・`)y-~~~
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

注意事項
基本的にこのブログはブログ主の備忘録です。

ブログの内容にはブログ主の主観や時には正確でない情報が含まれていることもあります。書いてある内容がすべての環境にあてはまることを保証するものでもありません。

また、過去の記事は現時点で既に陳腐化していることもあります。

その辺をご理解の上で当ブログ内に書いてあることを試す場合は自己責任でお願いします。

記事内容の誤りの指摘、疑問点の回答などコメント頂けると助かります。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カラーコードチェッカ
カラーコードの確認
入力例) #ffffff | blue
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: