Always三丁目の夕日 2012-01-24 (Tue) 01:15

Always三丁目の夕日。
新作が公開されるらしく、2週続けて以前の作品がテレビで放映されたので録画しておいて観た。

だいぶ前に両方とも観ていたのだが、たまに観返してもやはり面白い。

だが残念なことにばりばりカットされているようで、六ちゃんがタバコ屋のおばちゃんの自転車を修理したり、傷んだお菓子を食べておなかを壊したりするとこや、詫間先生の悲しい過去のエピソードなどはバッサリやられていた。

下手に編集すると微妙にニュアンスが変わってしまったり、話が薄っぺらくなったりしてしまうので、テレビで放映する際でもノーカットでやって欲しいなー。

CM込みで二時間に無理くり収めるために平気で三十分とか四十分ぐらいぶった切っちゃうので最近はほとんどテレビでやる映画は観なくなっちったよ。(´・ω・`)y-~~~

ところで邦画のDVDってなんであんなに高いんだろ?
洋画のDVDは割と新しいものでも1500円くらいで売ってたりするのに。

邦画はDVD販売での収益も予め見込んでいるから高いんだとか、洋画はマーケットが世界規模だから安いんだとか言う話も聞くがいまいち納得できない。

例えば黒澤明の白黒時代の名作これとか。

椿三十郎<普及版> [DVD] ¥ 3,047 (amazonより)

公開が50年も前、映画の全盛期、その時分でも大ヒットして興収だけで充分元は取れているはずだし、何度もリバイバルされ、その度に行列が出来るほど客が入ってるんだからもう儲けは充分でしょうよ。

熟練の職人が丹精込めて一枚一枚手作りしていてコストがバカ高い訳でもあるまいに、ワンコインとまではいかなくとも、もっとお求めやすい価格に出来ないものなのだろうか?
(まぁ実はこれでも一頃にくらべると大分安くはなっているのだが。以前はもっとバカ高かった気が…)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

注意事項
基本的にこのブログはブログ主の備忘録です。

ブログの内容にはブログ主の主観や時には正確でない情報が含まれていることもあります。書いてある内容がすべての環境にあてはまることを保証するものでもありません。

また、過去の記事は現時点で既に陳腐化していることもあります。

その辺をご理解の上で当ブログ内に書いてあることを試す場合は自己責任でお願いします。

記事内容の誤りの指摘、疑問点の回答などコメント頂けると助かります。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カラーコードチェッカ
カラーコードの確認
入力例) #ffffff | blue
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: