WMP11起動時のDCOMエラーについて 2011-12-27 (Tue) 00:29

WMP11からはDLNAに対応し、それ絡みで「Universal Plug and Play Device Host」、「SSDP Discovery Service」を使うらしく、起動時にこれらのサービスを立ち上げにいく。
で、これらのサービスが無効になっていると以下のようなエラーを吐く。

ソース:DCOM
種類:エラー
イベントID:10005
サーバー:
{204810B9-73B2-11D4-BF42-00B0D0118B56} を実行するために サービス upnphost (引数 "") を起動しようとしたときに、DCOM でエラー "指定されたサービスは無効であるか、または有効なデバイスが関連付けられていないため、開始できません。 " が発生しました。


DLNAを使わない(共有をしない)設定にしていても何故かこれらのサービスを起動しにいく。

設定でオフになっていて使いもしない機能のために、なんで敢えて無効にしてあるサービスを強引に立ち上げにいくのだっ???

対処法をググるとこれらのサービス自体を削除してしまえばエラーを吐かなくなるようなのだが、いくら今は使ってないからと言ってOS標準のサービスを削除してしまうのには抵抗がある。

簡単に元に戻せるのなら取りあえず削除しておいてもよいが、いざ使いたくなったときに元に戻すためにOS再インストールしか手がない羽目になってはたまらない。

で、試しに仮想環境で以下のキーをエクスポートしておいて、
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\upnphost → upnphost.reg
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SSDPSRV → SSDPSRV.reg

コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行してOSを再起動。
sc delete upnphost
sc delete SSDPSRV

サービスを見てみると「Universal Plug and Play Device Host」と「SSDP Discovery Service」は無くなっている。
WMP11を起動してみると確かにエラーは吐かなくなったようだ。

ここで、エクスポートしておいたレジストリ情報を元に戻して再起動してみたところ、サービスの一覧には
出てくるもののプロパティを参照しようとすると以下のようなメッセージが表示されるようになってしまった。

構成マネージャ: 指定されたデバイス インスタンス ハンドルは、現在のデバイスに対応していません。


つまりこの方法では元に戻せないようだ。
これ以上調べるのも面倒だし、元に戻す方法がよく分からないのでサービスを削除するのは止めておいた方が無難な気がする。


てなわけで、採るべき対処の方法としては

1.DCOMのエラーを無視する。(ググったところ特に問題はないらしい)
2.問題のサービスを無効ではなく手動ぐらいにしておいて心置きなく起動させてやる。(あとで止めてしまうがなフフフ)

くらいしかない…


そもそもはWMP11が、共有しない設定の場合にはサービスを起動しにいかないようになっていれば何の問題も無い訳なのだがね…
(´・ω・`)y-~~~
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

注意事項
基本的にこのブログはブログ主の備忘録です。

ブログの内容にはブログ主の主観や時には正確でない情報が含まれていることもあります。書いてある内容がすべての環境にあてはまることを保証するものでもありません。
また過去の記事の情報はそれが参照された時点では既に陳腐化していることもあります。

その辺をご理解の上で当ブログ内に書いてあることを試す場合は自己責任でお願いします。

万一何らかの損害が生じても責任は持てませんのであしからず!

記事内容の誤りの指摘、疑問点の回答などコメント頂けると助かります。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
カラーコードチェッカ
カラーコードの確認
入力例) #ffffff | blue
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: