GWXConfigManager.exe 2015-04-24 (Fri) 01:00

おそらく wicainventory.exe QueryAppBlock.exe と同種の話で、

C:\Windows\System32\GWX\GWXConfigManager.exe

がログオン時にネット接続しようとするのを阻止するには、タスクスケジューラの

\Microsoft\Windows\Setup\gwx
 launchtrayprocess
 refreshgwxconfig
 refreshgwxcontent
 runappraiser

を無効にすれば良いみたい。

ちなみにこのタスクは、Windows Updateの KB3035583で追加されたらしく、

Windows7/8.1の更新プログラム「KB3035583」は広告を表示させるためのものだった?

ってことなので、これ自体アンインストールしても問題なさそうだが、タスクを止める方が手っ取り早いか。(´・ω・`)y-~~~
関連記事

イベントビューアに出てたエラーに対処 2015-04-02 (Thu) 01:03

Windows Update時の再起動で、イベントビューアにいくつか出てたエラーを対処したときのメモ。

リダイレクター サービス パフォーマンス オブジェクトを開けません。データ セクションの最初の 4 バイト (DWORD) に、状態コードが含まれています。

イベントID:2002 ソース:PerfNet

サーバー サービス パフォーマンス オブジェクトを開けません。データ セクションの最初の 4 バイト (DWORD) に、状態コードが含まれています。

イベントID:2004 ソース:PerfNet

上記2件については、こちらを参照。
パフォーマンスカウンタから PerfNetを除くことにする。
PerfSCは Windows7 64bitでも使えるようなのでこれにて対処。

セッション "Microsoft Security Client OOBE" が次のエラーで停止しました: 0xC000000D

イベントID:3 ソース:Kernel-EventTracing

これについては、こちらを参照。

ScRegSetValueExW 呼び出しは、oooo について次のエラーで失敗しました:
アクセスが拒否されました。

イベントID:7006 ソース:Service Control Manager

あと上記が2件出ていて、調べてみたけど原因が判然としなかったので、他の件を対処してとりあえず再起動したら出なくなってた。
これについては、しばらく様子見。
関連記事
注意事項
基本的にこのブログはブログ主の備忘録です。

ブログの内容にはブログ主の主観や時には正確でない情報が含まれていることもあります。書いてある内容がすべての環境にあてはまることを保証するものでもありません。

また、過去の記事は現時点で既に陳腐化していることもあります。

その辺をご理解の上で当ブログ内に書いてあることを試す場合は自己責任でお願いします。

記事内容の誤りの指摘、疑問点の回答などコメント頂けると助かります。
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
カラーコードチェッカ
カラーコードの確認
入力例) #ffffff | blue
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: