Windows起動時の不調 2011-05-28 (Sat) 01:28

普段Windowsを終了させるのに「休止状態」を使っていて、起動(再起動)は滅多にしないので気付かなかったが、Windows(XPSP3)が起動した直後に何かプログラムを起動すると起動に失敗したのかと思うほど何も起こらず、数分経ってから思い出したように起動する現象に遭遇した。

一度その状態でプログラムが起動してしまうとその後は普通に使えるし、この現象が起こらない場合もあるので、起動時に何らかの問題が起こっているようだが、そのときのプロセスの状態を確認しようにもProcess Explorerも遅延起動してしまうためお手上げだ。

ところがなぜかComodo FirewallのDefense+の「実行中のプロセスを表示」にはその状態でもアクセス出来たので様子を観察してみたところ、cpf.exe(Comodo Firewallの常駐プロセスの一つ)の起動でもたついているような感じだ。これの起動を阻害しそうなプロセスといえばavastくらいなものだろうと思って、試しにavastを無効状態にして何度か再起動してみたところ当該現象は起こらない模様。逆にavastを有効にしてComodo(のDefense+)を無効にした場合も同様。

察するところこれはComodoとavastの相性問題ということなのでしょうな。
その後もいろいろ試してみたところComodo(のDefense+)の「実行イメージコントロール」とavastの「ファイルシステムシールド」の相性クサイ。

で、結局Comodo(のDefense+)の設定はそのままにしておいて、avastの「ファイルシステムシールド」の設定で

1.[感度] - [ヒューリスティック] - 「コードエミュレーションを使用する」のチェックを外す。
2.[検査からの除外]にComodo Firewallのインストールフォルダを指定する。


のどちらかをやれば良さそうな感じ。
Comodoは自分の構成フォルダくらい自分で守れそうなので(ホントかよ?)「2.」を採用。
(今まで2~3回に1回程度問題が発生する感じだったところ5回ほど再起動してみたが大丈夫な模様)
因みに環境はこんな感じ
WindowsXPSP3
Comodo 5.4.189822.1355
avast 6.0.1125

但しこの対処が全ての環境で有効かどうかは全く分からないし、そもそもこの対処は全くトンチンカンなもので、他に原因が有るにも関わらずこの対処によって起動時のタイミングがたまたま良い方向に微調整されて上手くいっているだけなのかも知れないということを付け加えておこう(´・ω・`)y-~~~
関連記事
注意事項
基本的にこのブログはブログ主の備忘録です。

ブログの内容にはブログ主の主観や時には正確でない情報が含まれていることもあります。書いてある内容がすべての環境にあてはまることを保証するものでもありません。

また、過去の記事は現時点で既に陳腐化していることもあります。

その辺をご理解の上で当ブログ内に書いてあることを試す場合は自己責任でお願いします。

記事内容の誤りの指摘、疑問点の回答などコメント頂けると助かります。
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カラーコードチェッカ
カラーコードの確認
入力例) #ffffff | blue
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: