制作中 2019-02-20 (Wed) 00:21

タブで開いているパスの一覧を表示してクリックでそのタブを選択するガジェット。
それだけじゃおもしろくないので、表示形式を指定したり、表示内容のフィルタリングもできるようにしようと。
次は X-Finderで使ってたファイル振分けガジェットをドラッグ&ドロップ対応で作ろうかと思ってるけどモチベーション次第なところは否めない。

デフォではタブの一覧をフルパス表示
正規表現でのフィルタリング
正規表現で表示形式を設定

ガジェット 2019-02-08 (Fri) 00:05

この記事の最後の方でちょこっと書いてたガジェットをアドオン化した。
kiji279-01.jpg
正確に言うとこのアドオンは、ガジェットと呼ぶ htmlによるユーザインタフェースを用いたツールを別ウィンドウのフレームにロードして使用するためのものであって、別途ガジェットを必要とする。
ガジェットアドオンの公開に際して、以前に個別のアドオンとして公開した簡易プレビューと、スクラッチパッドをサンプルとしてガジェット化した。
ガジェットは別途ダウンロードしてガジェットアドオンのインストール先直下の「Gadgets」フォルダに解凍して使用する。
ガジェットアドオンとガジェットのインストールが完了した状態からの使用イメージ (GIF動画 約1MB)
補足やなんかがあったらまた追々。

@TE64 19.1.28 Win 6.1.7601 WS 300 Admin IE 11 ja_jp
関連記事

タブグループの前のタブ、次のタブ(ループ) 2019-01-13 (Sun) 22:47

ジェスチャやなんかにタブグループの前のタブ、次のタブを登録する時のJScript記述例
端っこまで行ったらループする
// タブグループの前のタブ
Addons.Tabgroups.Change(
te.Data.Tabgroups.Index  > 1 ? te.Data.Tabgroups.Index - 1 : te.Data.Tabgroups.Data.length
);

// タブグループの次のタブ
Addons.Tabgroups.Change(
te.Data.Tabgroups.Index < te.Data.Tabgroups.Data.length ? te.Data.Tabgroups.Index + 1 : 1
);
@TE64 19.1.8 Win 6.1.7601 WS 300 Admin IE 11 ja_jp
関連記事

Amazonプライム 契約トラップ 2018-12-10 (Mon) 23:27

久々にAmazonで注文したら、意図せずプライム契約させられとった。
プリカのポイントで買い物しようと思って代金分チャージして、普通に注文確定させただけのつもりだったのに、
どこがどうだったからそうなったのかまったく判らん。
すぐ気付いて解約手続きしたけど、すでにプリカから会費が引き落とされていたらしい。
そのせいで清算金額足りなくて、そろそろ商品届くかと思った頃に引き落とし不可の連絡が入るという…
おかげさまでポイントで買おうと思ってたのに結局現ナマつぎ込む嵌めになる。
よく見ればどっかに説明が書いてあんのかもしれないけど、代金精算の流れにこっそり会員契約仕込んどくとかアンフェアだとしか言いようがないわ。
関連記事

Windows98SEの緊急起動ディスクをisoにしてCDからブートできるようにする 2018-11-15 (Thu) 00:09

Windows98SEの緊急起動ディスクはFD(1.44MB)2枚で、ディスク入替えの手間があるのでこれを改善したい。
CDブート時のFDエミュレートは、2.88MBの2EDにも対応しているらしいので、Windows98SEの緊急起動ディスクの内容をまとめてisoにしてCDからブートできるようにしてみよう。
使用するツールは、WinImage(FDイメージ編集ツール)、Ultra ISO(ISOイメージ編集ツール)。
どちらもシェアウェアだが試用することができるので有り難く利用させて頂く。

isoファイル化手順
1) WinImage(ver7は日本語に対応。[Options]-[Settings]から設定)をインストール
2) [ファイル]-[新規作成]で 2ED(2.88MB)のイメージを作成して緊急ディスクの中身を2枚分入れる
・重複しているファイルがあるけど同じものなので上書きでもスキップでも構わない
3) [イメージ]-[ブートセクタのプロパティ]で、Windows95/98を選択して[OK]を押す
4) [ファイル]-[名前を付けて保存]で、ファイルの種類をイメージファイル(*.IMA)として保存
5) Ultra ISOをインストール
6) 4)を Ultra ISOの [ブート]-[ブートファイルの読み込み]で読込む
7) [ファイル]-[名前を付けて保存]で「Win98SE_EBD.iso」として保存
関連記事
注意事項
基本的にこのブログはブログ主の備忘録です。

ブログの内容にはブログ主の主観や時には正確でない情報が含まれていることもあります。書いてある内容がすべての環境にあてはまることを保証するものでもありません。

また、過去の記事は現時点で既に陳腐化していることもあります。

その辺をご理解の上で当ブログ内に書いてあることを試す場合は自己責任でお願いします。

記事内容の誤りの指摘、疑問点の回答などコメント頂けると助かります。
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
ブログ内検索
カラーコードチェッカ
カラーコードの確認
入力例) #ffffff | blue
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
メールフォーム設置当初より受信できない状態になっていました。2017/11/03以前にメール送信された方、誠に申し訳ありませんでした。
必要であれば再送お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文: